• 屋根と雨
  • 土砂降りの雨

手軽にできる

土砂降りの雨

防水シートを利用することで雨漏りを防ぐことができるのですが、まずはどこから雨が漏れてしまっているのかを突き止めるところからスタートする必要があります。それさえわかってしまえば、後はとても簡単です。

自分の力で修理を行うことによって、かなり金額的に修理代金を抑えることが可能です。もちろん、このような修理を専門として行っている業者さんもありますので、自分でできない場合は、業者にお願いしてしっかりと対応してもらうのも良いです。

 

雨漏りについて

屋根と雨

一戸建て住宅でかなり長い年月、そこで生活をしておりますと、いつの間にか家全体が朽ちてきたりします。そして、屋根周辺ではひび割れが起こったりするケースもあります。このような状態になって放置しておりますと、大雨が降りますと、雨漏りしてしまうケースがあります。

こうした雨漏りですが、業者に依頼することによって、しっかりとした対応をしてくれるわけですが、自分でできるところは自分で行うことでリーズナブルに済ませることができます。

防水シートを利用
自分で行う場合であれば、インターネットの通信販売であったり、ホームセンターを利用します。どちらのケースでも同じですが、防水シートというものが販売されております。この防水シートを使うことによって、雨漏りを防ぐことができるのです。

使い方については、防水シートを購入すれば、そこに記載もされておりますし、インターネットで情報をチェックすることで、使い方は解説されております。これで手軽に修理ができるのです。

 

修理の方法

屋根に降る雨

雨水が漏れた場合の修理には2つの方法があります。

1つは自分で直す方法です。

雨水が漏れてしまう場合は排水口周りの欠陥が原因というケースが多々あります。その場合防水シートや塗膜を貼り直す、穴をふさぐなど詳しく自分で原因を調べれば対処できるので自分で修理可能です。

2つ目は業者に修理依頼をすることです。

複数の場所から雨水が漏れ出した場合防水層の経年劣化、老朽化が考えられます。

この場合自身で修理をするのは難しいので業者に依頼する方法が懸命です。